スループレーの魅力

ハーフターンでの休憩を挟まずに18ホールをラウンドするスループレー

一日がフル活用でき、そのうえ帰宅もラクラク

ベルビューのスループレーはハーフ2時間20分、18ホールプレーで4時間40分を目指しています。そのため7時台スタートなら正午前後にはプレーを終了してベルビューを出発、その後の時間を有意義に過ごせます。さらに、東名高速の帰宅渋滞が避けられるメリットも魅力十分。

プレー後の代表的な観光スポット

御殿場プレミアム・アウトレット【車で20分】 http://www.premiumoutlets.co.jp/gotemba/

御殿場高原時之栖【車で15分】 http://www.tokinosumika.com/

富士サファリパーク【車で50分】 http://www.fujisafari.co.jp/

彫刻の森美術館(箱根)【車で40分】 http://www.hakone-oam.or.jp/

プレー後の代表的な温泉スポット

天然温泉気楽坊【車で15分】 http://www.tokinosumika.com/spa/kirakubo/

富士八景の湯【車で15分】 http://www.fujihakkei.jp/

ごてんば市温泉会館【車で15分】 http://gotemba-onsen.jp/

午後のスタートの18ホールスループレーも見逃せない

朝一番からの小雨、ゴルフ場に着くころには大雨。これでは、プレーの楽しみが半減してしまうもの。
当日の天候を確認してから、午後18ホールスルーであればお天気の心配も不要です。
ベルビューでは、午後スタートの18ホールプラン、9ホールプランをご用意しており、大勢のプレーヤーにご利用を頂いております。

ドレスコードなしの気楽さが魅力


ジーンズにTシャツで自宅を出発、そのままの服装でプレーして、そのままの格好でゴルフ場を後にしていただいてもOK。
お好きな服装でプレーを楽しんで頂く、この気楽さこそがベルビュースタイルです。
前夜からプレーの服装であれこれ悩む必要はありません。どうせなら、服装で悩むよりコース戦略で悩んでみてはどうでしょう?

ゴルフというスポーツを純粋に楽しむために

ビジネスの延長にゴルフを位置づけるとしたら、ハーフターンでの食事も重要なコミュニケーションツールだったのかもしれません。
しかし、ゴルフを純粋なスポーツとしてとらえ、純粋にプレーを楽しむという風潮からスループレーを支持するプレーヤーが増えてきています。
ベルビューは、そんなプレーヤーを応援します。

ティショットでタテの距離感も問われるレイアウト

ベルビューのコースは比較的フラットですがフェアウェイは全体にアンジュレーションがあり各ショットのライが変化に富んでいます。
また、池やバンカーなどハザードが効いておりティショットではヨコの正確性に加えてタテの距離感が要求されます。
自分の飛距離に見合った攻略ルートを見つけることがスコアメイクのカギとなります。

都心から70分とアクセス抜群!

ベルビューは東名御殿場ICから11kmに位置しておりアクセスは良好です。
例えば7時半スタートのスループレーの場合、午前5時に起床して午前6時前に出発すれば、都心からでも7時頃には到着します。
12時前後にプレーを終了、13時に出発すれば東名渋滞とは無縁で帰宅もラクラクです!